家事代行おばさんの日記

家事代行のお仕事をしています。家事代行の話や日々のお掃除の話、それから趣味のベランダガーデンのお話を書いています。

家事代行にどこから頼んで良いのかわからない方へ

f:id:tori0403:20190712200203j:plain

こんにちは。

家事代行をしているおばさんのブログです。

 

 

 

全体的に荒れているから家事代行に来てもらいたい。しかしどこからお願いして良いのかわからない。

 

そんな時には、やってもらいたい事を箇条書きにして渡せば良いです。

出来れば優先度順に。

 

 

例えばこのように

 

-リビング

床の掃除機がけ

床の水拭き

テレビボード周りのホコリ取り

本棚の本の整理

 

-キッチン

コンロ(グリルと五徳も)

シンク(排水溝はやらなくて良いです)

家電拭き(時間があれば)

 

-洗面

洗面ボール(排水溝もお願いします)

洗面台

小物拭き(時間があれば)

ゴミを集める(時間があれば)

 

-浴室

全体的にお願いします

カビにはカビ取り剤を使って下さい

時間があったら鏡磨きやシャンプーの詰め替えなどをお願いします。

 

-トイレ

全体的にお願いします。

トイレットペーパーの補充(廊下の収納に買い置きがあるので二つ補充しておいて下さい)

 

 

のような感じで、細かく書いておいてくださると非常に作業しやすいです。

特に、時間がなければやらなくても良いこと(そこを優先させるよりは次に移って欲しい)まで指示を頂けると本当に動きやすいです。

 

結構ありますから。

そんなにキッチンに時間かけなくて良かったのにな。とか、洗面はサッとでいいからお風呂のカビ取りに専念して欲しかった。などなど。

 

細かく指示するの申し訳ないな、とか思わないで欲しいです。

むしろ、細かいほど動きやすいので。こちらの悩む時間もぐっと減りますし。

 

細かい指示なく全体的にお願いしますと言われてしまうと、作業しながら、

 

"キッチンの棚、拭いた方がいいかな?もうキッチンに入って1時間は経過してしまっているけど…お風呂の時間が短くなるな…カビ、結構あったな…あ、ゴミ捨てはした方がいいのかな…ヤバいぞ、時間が…"

 

なんてモヤモヤしながらの作業になってしまうので、はじめに箇条書きでバーっと指示を頂けると自分の中で(家事代行者の中で)時間の組み立てが出来るので作業効率がグッと上がります。

 

細かい指示でも、一ヶ所終わるごとに声掛けして指示を出すのは絶対にやめた方が良いです。

例えば三時間の枠でお願いしていたとして、

 

"まずはキッチンからお願いします。コンロと作業台、シンク、排水溝、それから床をお願いします。終わったら声かけて下さい"

 

これ、凄く困るんです。このキッチンの作業の後に、どのくらい時間のかかる作業のお願いが来るのかわからないと、キッチンにどれだけ時間を使って良いのかわかりません。

例えば次が床と窓、それで終わり。などわかっていればキッチンに90分は使えるな、などと頭の中で計算し、90分の中でキッチンでやることの組み立てが出来ます。

 

次に何が来るかわからない状態での作業だと、時間の不安がありどうしても丁寧に進めていくことが出来ないのです。

結果、終わってみたらどの箇所も中途半端だったり、こんなに時間が余るのだったらあっちを最後までやれたなーなんて思ったり。

勿体ないのです。時間が読めないと、まるで力を発揮出来ないのです。

不安の中で、中途半端な作業を進めていく残念な三時間になります。

 

なので、初めて来てもらう時には(毎回でももちろんオッケー)とにかく頼みたい事を優先度順に全て書き出す事。書くのが面倒なら来てもらってすぐにその日頼みたい事を全部伝える事。(多分みんなメモを取ってくれますから)

その上で、途中気になることがあったら声がけして伝えれば良いのです。

 

お互いのために、より良い結果を出すために、是非ともお願いしたい事を書いてみました。

 

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。