家事代行おばさんの日記

家事代行のお仕事をしています。家事代行の話や日々のお掃除の話、それから趣味のベランダガーデンのお話を書いています。

ベランダ掃除

こんにちは。

家事代行おばさんのブログへようこそ。

 

 

 

涼しくなったのと、台風の後という事もあり、ベランダ掃除の依頼が立て続けに入った。

 

ベランダ掃除、ベランダに水栓さえ有れば大好きな作業です。

窓をピカピカにするのが好きだし、手すりや柵の砂埃を落として磨くのも気持ちが良い。

干からびた植木鉢を土や砂利を取り出して整理するのも楽しいし、排水の詰まりを取り除くスッキリ感も大好きだ。水をジャージャー流しながらの作業が楽しい。浴室清掃とは違う。汚れの性質が違って、砂や土の汚れを落とすのが楽しい。砂場遊びの楽しさや気持ち良さと少し似ている。

 

しかし、ベランダに水栓がない場合。こちらは全く楽しくない、なかなか苦しい作業となってしまう。

水栓がないから、バケツで何往復もしなければならない。

凄く時間は取られるし疲れるし、バケツにくんだ水って跳ねやすいから室内に水を垂らすし、そしたらその都度拭かなきゃならないしで、体力も気力も消耗する。

 

何ヶ月も掃除をしていないベランダの汚れはなかなか凄いものがある。ベランダは外だから、鉢植えを置いていなくても、風に乗って砂や土は飛んできている。

エアコンの室外機は砂埃が雨水などの水分で固められて真っ黒、その室外機のホースから流れ出る水の跡は、赤い水垢だったり緑色のヌルヌルした苔が発生していたりする。

 

砂も土も水垢も苔も、シャワーの水圧上げてシャーっとやれば、ついでにブラシで擦ってやれば、割と簡単に綺麗にできる。苔は少し時間がかかるけれど、プラス洗剤で綺麗にできる。

 

鉢植えを置いているベランダには、床に落ち葉や花弁が乾いて張り付いたりもしているけれど、ホースの水圧を高めてジャーッとやれば、あっという間に剥がせる。

 

窓のサッシ、溝も、シャワーホースで汚れを流しながらタオルで擦るとあっという間にピカピカだ。溝には細かい砂利や虫の死骸なんかも溜まっている事があるけれど、シャワーがあると触るのに勇気がいるものも簡単に吹き飛ばせる。本当に作業しやすい。

 

でも、水栓のないベランダでは何倍もの時間と手間をかけてそれらをこなさなければならない。

さっき書いたバケツの往復。

バケツ一杯の水量なんて知れてる。室外機の下に溜まった枯れ葉や土や、蜘蛛の巣なんかを洗い流したくても、バケツ一杯の水では、思いっきりザブンとかけても、手前に汚れが流れ出てくるのがやっと。

出てきた枯れ葉や髪の毛と絡まり合ったホコリ、シャボン玉の蓋だったり紫外線にさらされてボロボロになった洗濯バサミなんかをかき集めてゴミ袋に入れて。

手で集められない土や砂、なんだかわからないヘドロのようなものは、洗い流すのにやっぱり水が必要で。でもバケツに汲んできても、ブラシで擦りながら同時に流すのが難しいんですよね。

同時がいいんです。ブラシで擦るのと水を流すのは。水で汚れを流しながらブラシで更に汚れをかき出して水で流して。ってやりたいのに。

バケツではできない。水の勢いをつけるためには量が必要で、その為には頑張って汲んで運んできたバケツの水を一気にジャーッと全部使うことになります。まあそれで全て流れてくれれば良いのですがそうはいきません。またすぐに汲みに行って運んで。ブラシについた汚れや雑巾の汚れもマメに落としたいです。とにかく水が必要。

 

一回のベランダ掃除(窓も含む)でバケツの水汲み、雑巾洗いで20回以上は往復する事になります。まあベランダの規模によりますが。

自身の体力の消耗以上に、家主にどう思われているか気になってしまい、気力を消耗します。

あまりの行ったり来たりで目障りではないか。

水滴を落とすたびに嫌がられているだろうな、等々。とても気になります。

 

 

そういえば水栓もなく、バケツの用意もない現場に行ったことがありました。

空のペットボトルならあると言う事で、2リットルのペットボトルを2本借りての作業でした。

これは汲むのも流すのも苦労しました。

バケツの時は、洗面に置きっぱなしで溜まるまで放置できるのですが、ペットボトルは手で抑えていないと上手く水を貯められず、水を貯めている間は他の作業が出来ず大幅なタイムロスとなってしまいました。

そしてペットボトルの水を使う時。

勢いよく水を出すことができません。

汚れを水で流そうと、勢いをつけてみるのですが、ボトッ、ボトッって言う感じにしか水が出てこず、汚れを流すのにかなり苦労しました。

苦戦している様子を見た依頼主が、洗面器を持ってきてくれたのですが、浅いし縁は外に反り返っているしで、運ぶときに水がこぼれ過ぎる。使い物になりませんてした。

結局、その日は通常の水回りのお掃除に変更となり、後日、バケツを用意して下さってのベランダ掃除となりました。

 

 

ベランダに水栓がない場合、バケツの用意はあったほうがいい。というか無いと困る。

けれど、もう一ついい方法が。

私自身が自宅でやっている方法なんですが、洗濯機の水栓にホースを繋いでそれをベランダに引っ張るんです。洗濯機とベランダの位置関係で出来ない場合もありますが。

私は洗濯機の水栓に分岐のパーツを付けて、ホースは繋ぎっぱなしにしています。

鉢植えの水遣りも楽ですよ。ベランダと洗濯機がそんなに遠くない、というお家にはおすすめです。

f:id:tori0403:20191019203450j:image

青いコックのついたものがそれです。

取り付けるのに特別な技術は必要なく、女性1人で簡単に出来ちゃいます。あ、取り付ける際に、元の水栓を確実に"止"にしておかないと水が噴き出してしまうのでそこは注意しないといけませんが。

私は家電屋さんで買いましたが、ホームセンターや通販でも買えて値段も手軽です。これを付けてホースを繋いでから、ベランダ掃除や植物の水遣りが格段に楽になりました。たまにベランダに自転車を持ってきて洗ったりもします。これは本当におすすめ。

 

 

 

 

 

 

 

ではでは。

後半は水栓パーツの宣伝みたいになってしまいましたね、すみません。

今日も最後までお付き合い下さりありがとうございました。