家事代行おばさんの日記

家事代行のお仕事をしています。家事代行の話や日々のお掃除の話、それから趣味のベランダガーデンのお話を書いています。

家事代行で働こうか悩んでいる方へ

こんにちは。

家事代行おばさんのブログへようこそ。

 

 

 

 

 

家事代行で働いてみたいなーって思っているけれど、なかなか踏ん切りがつかない方、色々と不安がある方へ向けて今日はブログを書いていこうと思います。

 

 

 

私が始める前に分からなかったり不安だった事

 

*家事代行会社が沢山あるけれど、どこに登録したら良いのか

 

*自身の家事スキルをそのまま活かせるとあるが、本当に大丈夫か、自分の家事レベルが実際のところどの程度のものなのか、現場で通用するレベルに達しているのか。

 

*知らない人の家に行くのが怖い

 

 

だいたい上記3つの不安がありました。

 

 

まず登録先の選び方なのですが、私は家事代行で働いている個人の方のブログや、口コミサイトを参考にしながら選びました。

 

 

私の当時の希望は、

・すぐに働ける事

・最寄駅付近の仕事を紹介してくれる事

 

この2つでした。

当時はまだ時給の事は気にしていませんでした。

だいたい、家政婦というのは時給1000くらいで働いているのだろうと思っていたので、特に高いところを探そうとも思っていませんでした。

(のちに登録する会社や個人契約で働く家によって、かなり時給に幅がある事を知ります)

 

 

私は、それなりに名の通った家事代行の会社に連絡をし、面接、採用となり家事代行さんデビューをしたのでした。

 

 

今だったら、タスカジとか、キッズラインのような

Cto C(家事代行を頼みたい人と仕事を受けたい人のためのマッチングプラットフォーム。家事代行の出会い系みたいなもの)があって、こちらは会社に雇用される形ではないから、時給は最初から結構高い。

 

でも本当に家事代行が初体験の場合は、どこかの代行会社に雇用してもらって経験を積んだ方が、後々マッチングサイトで沢山仕事をとっていけると思う。

 

というのも、タスカジやキッズラインなどに登録をしたとしても、レビューもない、しかも家事代行の経験がないとなれば、依頼はほぼ来ないと思うんです。

 

でもそれなりに大きな代行会社に登録すれば、沢山の案件を紹介してもらえますし、初めての方には優しめの現場を紹介してくれるはずです。

(この場合の優しめの現場とは、時間に対して作業量が少なめ。うるさくない、今までトラブルのないお客様、など。)

 

それに研修も丁寧にやってくれて、始めての現場は二人体制にしてくれる事も。(これは会社によるのかな?) 

 

雇用型だとだいたい時給は1000〜1500円位。

自分で時給を設定できる C to Cや現場からの直接雇用に比べたら随分安く感じるかもしれないけれど、面倒な事はほとんど会社が引き受けてくれる。

依頼主のクレームなんかも本人ではなく会社が受けてくれるし、依頼主がどんな人物なのかも現場に行く前に知れる。

 

初めての場合、どんな依頼者なのか、どんな現場なのか全く情報の無い状況の中で向かうのって凄く不安で怖いと思うんですよ。

 

だから、家事代行全く経験無しの場合は、時給は安くても、ある程度大きな代行会社に行くのが良いと思います。会社によっては、その現場の清掃用具の置き場や今まであったクレームの情報も貰えるようですよ。依頼主がどんな事を不満に思うのか、事前に知れるのはとても大きいです。地雷を踏まずにすみますから。

 

あ、服装の規定も会社によって結構違いがあります。

例えばべアーズさん。業界最大手ですね!

前にべアーズで働いている方とマンションのゴミ捨て場でお会いした事があるのですが、エプロンがかなり可愛いんです。結構有名かな、あのべアーズのキャラクター?のアップリケが真っ赤なエプロンについているんです。そのままシッター出来そうです。(と思ったらべアーズではベビーシッター、キッズシッターもサービスとして存在していました)

そしてべアーズでは"白ポロシャツ"着用という決まりがあるそうな。

 

だいたいどの代行会社も、無地で清潔感のある服装で、エプロン着用。会社のエプロンを用意しているところがほとんどです。

 

 

 

 

そうだそうだ、自身の家事スキルが現場で通用するかどうか不安だった話。

 

 

研修で思い知らされたけれど、私の家事スピードではとてもとても時間内には収まらないという事。

 

研修は初日に座学で掃除の流れ、物損事故を起こさないための工夫、挨拶の仕方などをならいました。座学の研修を受けて思った事は、

 

"なーんだ、自宅の掃除をちょっと丁寧にしただけじゃん、良かった。"

でした。

 

 

 

そして始めての現場研修。

 

今でも良く覚えているのだけれど、始めての現場研修は2時間で、水周り(お風呂、洗面、トイレ、キッチン)プラス玄関でした。

 

研修用のお宅なのか、定期で代行が入っているのかわからなかったけれど、とても綺麗な現場でした。

 

それでも教わった通りに進めていくと、2時間の枠ではとても収まらない!!

 

結局細かい部分はかなり端折りながら2時間を終えました。

 

それでも一カ月も続けてみると、すっかり慣れて、かなり内容がキツキツの現場もこなせる様になりました。

 

 

最初の研修で、時間の足りなさに驚くし自信をなくすかも知れません。

でも、会社は新人さんに徐々に慣れていって貰うために、優しめの現場をどんどん振ってくれると思います。だから大丈夫です。

 

 

それから知らない人の家に行くのが怖かった話。

 

これに関しては、全く問題ありませんでした!

依頼者は、身分証の提示をしていて、ちゃんと会社の方でも確認してくれていました。

それに私は当時、午前中のみで、明るい時間帯に動いていたのでそれが良かったですね。

 

私は今まで、数え切れないほどの現場へ上がらせて貰って来ていますが、身の危険を感じる様なお客様にはあったことがありません。

 

というか、依頼者側の方が、実は不安なんじゃないかなって。

 

今は思います。

 

どんな人が来てくれるのか、怖いおばさんだったらどうしよう、偉そうで高圧的なおばさんだったらどうしよう、あちこち引っ掻き回されたらどうしよう、盗みを働く人だったらどうしよう、不潔な格好で上がられたらどうしよう。。。

 

こんな風に、依頼者側の方が、不安は大きいんじゃないかなって。

 

 

 

 

 

家事代行の会社は沢山あるし、案件も山ほどあります。

 

いろいろ不安はあるだろうけれど、どんな現場に当たるかは、もう運だし御縁です。

 

家事代行、やってみたいけど不安だなーって方、大丈夫です。もし嫌な現場にあたってしまったら、そこは次回から断れば良いのだし、その人に合った現場を会社は振ってくれると思うので、是非、始めてみてください。お仲間が増えたら嬉しいので。

 

それでは、本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。