家事代行おばさんの日記

家事代行で働くおばさんのブログです。思ったことを色々書いています。

フェイスカバーをマスク代わりにしてしまっている。暑いから。

で後ろ側こんにちは。

家事代行おばさんのブログへようこそ。

 

 

 

 

 

 

最近漫画にハマってしまい

気がついたら2週間ぶりくらいの

ブログになってしまいました。

 

まさかこの年齢になってから

漫画にハマってしまうとは。

漫画アプリは危険ですね。

月額契約までしちゃいまして。

スマホで1日にどの位

スクリーンを見ていたかって

時間が出るんだけど、

この2週間とんでもないことになっているからね。

10時間超えの日もあったし。

 

もう子供に注意出来ないですよ。

いつもはスマホをしまえと煩い母親が、

風呂場でもキッチンでも

スマホにかじりついているんですから。

サイトに登録した初日は、

子供に見られない様に位の

気持ちは持っていたのだけれど、

2日目以降から今日に至るまで、

子供が近くに居ようが呼びかけられようが、

お構いなしにスマホガン見でページをめくり。

 

よろしくないですよね。

わかっているのにやめられない。

完全に中毒になっています。

唯一我慢できているのが仕事中。

それ以外は通勤電車の中は勿論、

遂には歩きスマホまでしてしまう始末。

他人にまで迷惑をかけはじめました。

 

これはなんとかしないとマズイなと、

ようやく我に帰りはじめた昨夜、

1日にマンガを見ていい時間を決めた。

 

3時間。

 

で、人の迷惑にならない場所で。

キッチン、浴室、寝室のみに決めた。

 

 

 

電車の中で座ってる時ならいいじゃん、

 

 

ダメなんですよね。

私、遂に電車の中で

一人笑いデビューしちゃったんで。

単行本が手元にある状態ならギリまだしも、

スマホを眺めていたおばさんが

いきなり笑い出すという

世にも気味の悪い醜態を晒してきました。

この時期のお陰で口元はマスクで隠れていたものの、

ニヤリとした目元と美しくない"フフフ"を

晒してしまったので。

だから電車の中ではもう二度とマンガを読みません。

思い出すと消えたくなるもの。

本気で。

 

 

 

 

 

 

 

そうそうそうだ、マスクの話。

もう暑すぎて苦し過ぎて、

マスクではなくフェイスカバーにしました。

殆どの現場で。

通勤中も。

電車の中だけはしっかり目のマスク。

いきなり怖い人に絡まれないために。 

マスク付けんかーいって。

 

殆どの現場で好意的に受け入れられています。

フェイスカバー

というかもう既に家の中ではノーマスクな

お客様も増えており、

作業中ははずしたら?

と声がけされる事もある。

あんまり真っ赤な顔で掃除しているもんだから。

 

 

 

フェイスカバー、こんなの

これは正面

f:id:tori0403:20200531072913j:image

 

後ろ側

f:id:tori0403:20200531072938j:image

 

ちゃんと耳にかけられるから落ちてこないし、

首の下までの長さがあるから

日除けにもなる。

外歩くときはこれとおばさんバイザーで

鉄壁のガード。

 

現場ではもっと色の薄いフェイスガードと三角巾。

やっぱり濃い色だと少し怖さが出てしまうから

現場では白からベージュ、ライトグレーまで。

 

普通に呼吸ができてしまうけれど、

飛沫防止にはなっているはず。

換気口付きマスクよりも見た目にはマシなはず。

多分。

 

 

もちろん現場によってはまた普通のマスク。

だから週に何回かは激苦しい作業をしています。

 

まだね、エアコン付けてない現場が多いです。

室温25度を超えるとほんっと苦しいです。

掃除機掛けでゼーハーゼーハー。

雑巾掛けしていたら目に汗が滲みる。

風呂掃除では魂抜けかけてる。

 

頼むからエアコンを、冷房を入れてくれ!!!

平気そうに見えていても半死ですから。

 

 

 

 

 

 

 

あ、漫画アプリで読んでいるものではないのですが、

鬼滅の刃、面白いですね。

夫と子供がそれぞれ単行本を買っていて

全巻あるのですが、

チラッと読むつもりが全部読んでしまい。

これは流行って当然だなと。

面白かったのでNetflixでアニメも観ました。

最初こそ声に違和感を覚えたものの

今ではすっかり声優さんまで好きになり。

子供に教えられて

声優さんのYouTubeチャンネルまで観たり。

すっかり漫画漬けです。 

漫画ってこんなにも面白いものなんですね。

まあとにかく時と場所に気をつけながら楽しみたいと思います。

 

 

 

 

ではでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。