家事代行おばさんの日記

家事代行のお仕事をしています。家事代行の話や日々のお掃除の話、それから趣味のベランダガーデンのお話を書いています。

不在宅で一人きり〜家事代行

こんにちは。

家事代行おばさんのブログへようこそ。

 

 

 

 

家事代行で、不在宅で一人きりでお掃除している時、結構怖いんですよね。戸建ての現場は特に。

 

マンションは余程の広さがない限り気にならないのですが、戸建てだと、物音にドキッとします。

 

例えば掃除機を止めた瞬間、静かになった途端に何処からか物音が聞こえると物凄く怖いです。

 

何かいるかも知れない、いるかも知れない何者かへの、私はここにいますよアピールと威嚇も含めて

 

"失礼しまーす"

 

とか、

 

"失礼しましたー"

 

なんて声だししちゃいます。

 

無駄に

 

"よーいしょっっ!!"

 

なんていってみたり。

 

 

 

でないと怖くてもうその場にいられません。

 

怖がりのくせに、不在宅をたくさん抱えています。

だからペットのいる現場は有難い。

水槽でもいい。虫カゴだっていい。

 

何か自分以外に、確実に生きている生き物の気配があれば、怖くない。大丈夫。

 

だけど週に数件、完全なる不在宅の案件がある。

 

何年も前になりますが、当時担当していた不在宅で、何処からか目覚ましアラームが鳴り出したことがありました。

 

私は一階のキッチンの掃除をしていて、突然のアラーム音にひどく驚き、鳥肌全開だったと思います。

 

怖いから探しに行きたくないけれど、鳴っている状態もめちゃくちゃ怖い。作業の残り時間的にも、どうしようどうしようと迷っている暇はない。

 

心臓をバクバクいわせながら、階段を登って行ったのを良く覚えている。

 

 

アラーム音を響かせている部屋は、現場に入ってすぐ、一番最初に掃除をした部屋だった。

私が作業中にアラームを押しちゃったのかな?なんて思った。

その部屋の扉が閉まっていることも、ますます私を怖がらせた。

 

怖くて怖くてしょうがないから、わざと大きな音を立てて扉をバン!っと思い切り開けた。

 

アラームを響かせている目覚まし時計はすぐにみつかり、止めることができた。

 

そしたら今度は静寂が怖くて怖くて。

 

ビクビクしながら残りの作業を終えた。

 

今思い出しても怖い。

あれから更にもっとおばさんになったけれど、怖がりは治っていない。

 

一般的に歳をとると、お化けや幽霊は怖くなくなるようだけど、私は違いました。

今でもものすごーく怖がりです。

 

笑われるかも知れないけれど、在宅の現場でも、仏間の掃除は苦手です。

でもその現場のご先祖様達がみていると思うと手を抜けず、ササーっと済ませることができません。

ドキドキヒヤヒヤしながら頑張っています。

 

 

 

 

 

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。